忍者ブログ

ごきげんな日々。

〜と、そうでもない日々の記録。

カテゴリー「美(めい)」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

初盆

こちらでのお盆は7月。
夕方から、どこもかしこも黒い服の人たちがいっぱい。

うちも美さまの初盆でした。

実家でささやかに迎え火をし、私の家には茄子の牛を置きました。
特に坊さまは呼びませんが、お線香あげてなむなむ。

雛さまにも「今日は美さまの初盆で・・・」と、こんこんと説明し、
一緒になむなむしました。

たぶん分かってないな。

拍手[0回]

PR

1年経った


家族の誰もが一切口に出しませんが、あの悪夢のような日から
1年が経ちました。

悩んで悩んで、雛ちゃんを迎え入れると決めた時、同時に、
『本当に美はこの世にはいない存在である』
ということを改めてはっきりと認めてしまったような気がして、
なんとも言えぬつらい気持ちになりました。

どんなにかわいい子であっても、それは美ではない。
それを認めて、新しく来る子の親として、その子のすべてを
受け入れる覚悟ができるか。腹は決まったか。それは揺らがないか。
新しい子との別れもそんなに早くない先にあるかもしれないが、また
あの時のようなつらさに耐えられるか・・・。
くよくよくよくよ考えていましたが、最終的には「どうですか?」と
催促されて勢いで「飼います!」と返事したのですが・・・(汗。

雛ちゃんがやってきた26日は、奇しくも、美と引き離された日。
運命論者になるつもりはありませんが、話がトントンと運ぶよう、
うまいこと神様が操作をしてくれたのかもしれません。

美、お前を忘れるために、新しい子を迎えるわけじゃないよ。
雛ちゃんが楽しく暮らせるように、私を見守っておくれね。

拍手[0回]

そぉっと。

実家で片付けをしておりまして。
犬のベッドを棚から出して、その奥にしまっておいた物を片付けて、
またベッドを棚に押し込んでおこうと振り返ったら、


いつのまにかこうなっていました。

主をなくしたベッドに潜り込む猫1匹。
落ち着くのかしら。

そおっと入っていたので、ちょっと笑ってしまいました。

拍手[0回]

ねいるねこ

ネイルしてきた。
ピンクベージュでお上品に。オホホ。

この間、実家に行って、弟とぐだぐだしゃべっていたら、
猫がやってきて私のひざにそーっと入って丸くなりました。
 
なんだそりゃ(笑)。
めっきり「うちの猫」化してるなー。
 
接写しても、逃げなくなりました。
撫でたらゴロゴロ言い出したので、しばらく撫でていたのだけれど、
撫でるのやめると「え?もうおしまい?」って顔でこっち見るし、
そのうち熟睡モードになって動けなくなるし。
  
久々になまもののあたたかさを感じた夜。

拍手[0回]


猫が私のあんよに絡み付いて寝ております。

非常に萌えます。


にゃんこ、犬がいなくなって以来、たまにこちらを見ては
「にゃん にゃん」
と、短く鳴くことがあります。
今まではなかったことです。
「にゃんこー」
と、名前を呼んだときには
「にゃーーーーぁん」
って言うので、犬の真似なのかなあ?

不思議に思ったので、にゃんこに
「ねえ、にゃんこは、めいたんの物真似してるの?」
って訊いてみたところ、こっち見て
「にゃん」
って言ったので、この子なりの物真似ということみたいです。


本気で犬の真似してるんだとしたら、ちょっといじらしい。

拍手[0回]

保健所のキャバリア

美がいなくなってしばらくしてから、浜松市保健所に保護されている犬を
チェックすることが多くなりました。

もし、今度犬と縁があるのなら、新しく犬を『買う』のではなく、
里親になるっていう選択肢もあるだろう、と思って。


そんな中、年老いたキャバリアが保護されているという情報を発見。
しかも、いわゆる処分日が明日。
慌てて自宅に連絡を取り、母に事情を説明、保健所に連絡をするよう
お願いしました。

連絡時点でもう既に、貰い手(預かり手?)が決まっていた様子。
未だ飼い主さんは見つかってないみたいだけどとりあえず安堵。
捨てられたのでなければいいのだけれど。。。

不幸なワンコ&ニャンコが1匹でも救われますように。

拍手[0回]

デコる

実家へ。
iPad持って行きました。
おお、さくさくネットに繋がる!すばらしい!
実家のネット環境構築万歳。
そんなわけで、1日iPadいぢくり倒してました。

あと、母親がラミネートして飾っている写真にデコレーションを。
夏休みにやって、とお願いされていたので。


いつもこんな顔して寝てました。お花散らしてみました。


歩道橋(階段)大好きだったので、弾けんばかりのいい笑顔をお花で表現。


これが生前最後の写真になってしまったのですが、なんだか見ていて辛いので
せめてかわいく。
頭にお花が咲いているような子だったので(笑)、それをイメージ。

あと、美が亡くなったときに取った足形を専用のフレームにセットしたのですが、
フレームもシールで飾り付け。

白い縁(枠)部分も、ゆくゆくは何とかしたいです。ギラギラのラインストーンで
デコるとか。

それにしても、こういうのって、センスが問われますな。
シールは全部ロフトで買ってきました。
バラとかハートとか似合わない感じなので、美に似合う色や形を探すのに
苦労しました。

母が喜んでくれたので、まあ満足。

拍手[0回]

誕生日と49日

糸井家のワンコ、ブイヨンが昨日誕生日だったそうで。
糸井さんの日記(というかコラム)より。勝手に転載。
・ブイヨン自身が言うならば、
 「今日、生まれてはじめて7歳になりました」です。
 2003年の7月15日に生まれて、
 たった7年というふうにも思えます。
 (中略)
 もう、ブイヨンのいない生活なんて考えられない。
 7歳といえば、人間なら小学校に通ってますから、
 家族としての過ごしてきた時間は、少なくないです。
 もうすでに、いっぱい思い出もあります。
 どこでなにがというものでもなく、
 目の表情だとか、からだのかたちだとか、
 抱きあげたときの重さだとか、
 ことばにならない感じの蓄積が、7年分あります。

 「おとうさん、大好き」とかね、
 「人間のおかあさん、ありがとう」とかね、
 気の利いたいいことを言ってくれないだけに、
 足もとにもたれかかってくる重さだとか、
 目覚ましがわりにひとなめしにくる舌だとかが、
 ぼくらの交わしてきたことばです。
 同じことばかり、毎日言ってるね、ブイヨン。
 家族を信じきっている犬に、
 「そのまま信じていて大丈夫だよ」と言える毎日が、
 ずっと続きますように。
 誕生日だけれど、「なんでもない日、おめでとう」です。
(後略)


犬を飼ってない人には伝わらないかもしれませんが、この文章、
心の奥底から「ああ、分かる」と、じんわり共感しました。


また、犬と暮らす毎日が、永遠に続かないと知っていながら、
永遠に続くものだと錯覚していました。
そこにいるのが当たり前だったので。
犬と暮らす毎日はある日突然、あっけなく終わってしまいましたが。
今日という日を大事に過ごす難しさ。
幸せな状態にいるとすっかり忘れてしまうけど、いつまでも続く
ものなんてない、という前提の下に、一日を大切に過ごしたいです。

そんな昨日は、美の四十九日でもありました。
お花あげて線香焚いて、なむなむしました。

拍手[0回]

あの犬その後

あの犬、売れたそうです。(弟情報)

よかった。

ちょっと淋しい感じですが。

でもあんな場所に、長くいない方がいいのです。

末永く、いっぱいいっぱい可愛がってもらえますように。

拍手[0回]

ショップジャパン

眠れなかったので、テレビ見てた。例によって通販番組。
で、面白い商品を紹介していました。


【パーフェクトドッグ】
http://www.shopjapan.co.jp/prod/PFD01

なんでも、このDVDを見るだけで、犬の問題行動が3分で解消するんですって。

・・・んなアホな。


しつけは根気と、反復、愛情が一番大事。
いろいろ失敗したこともあるけど、トイレを失敗しないとか、
引っ張らないとか、私のそばを離れないとか、生きていくのに
大事なことはちゃんと覚えてくれました。

たとえパーフェクトじゃなくても、自分の子は世界で一番かわいいものよ。

拍手[0回]

あの犬

市野イオンに行ったら、あの犬がまだいた。
2週間経って、ちょっと大きくなってた。

店員さんには顔を覚えられてしまうし。

性懲りも無く今日も抱っこさせてもらいました。
体格がしっかりしてきてた。

ちょっと会わない間に、ぐっと大きくなったんだね。

こんなショーケースの中にいないで、早く売れてしまえ。

拍手[0回]

ペットのお葬式事情

ペット葬儀関連の番組。
埼玉の事件があったからか、タイムリーというか、なんというか。

NHK あさイチ「追跡!現代ペット葬送事情」
http://www.nhk.or.jp/asaichi/2010/05/24/01.html

NHK 追跡!AtoZ「ペット大国日本が抱える問題。葬儀から霊園まで、
「ペットの死」をめぐるトラブルの現場」
http://www.nhk.or.jp/tsuiseki/file/list/100619.html
http://diamond.jp/articles/-/8543

5/24、この日放送のあさイチを見てました。
朝からこの話題かよ~、とか言いながら見てました。
テレビに出てきた子をうちの子にダブらせて涙したけど、心のどこかで
うちの子のその日はまだまだ先のことだなあとかのんきに思ってました。

今思えば、その4日後か、って感じですが。
ぜんぜん対岸の火事だと思ってたら、うちも燃えてた、みたいな。


うちがお世話になったところ。

◆浜松のペット霊園 LOVE for PETs
http://www.lovepe.jp/

拍手[0回]

0655

夜中パチッと目が覚めて、眠れなくなった時。
無音だと、いろいろ考えて余計眠れなくなるのでテレビを見たりします。

そのうち朝になるんですが、シャキーン!のはじまる5分前、NHK教育で
0655という5分間番組を初めて見ました。
とりあえず、↓見て。


【番組公式HP】
http://www.nhk.or.jp/e0655/
佐藤雅彦監修。ああ、やっぱり。


この日の動画は犬ですが、猫編もあるのです。
しかも、ちゃんと、男の子と女の子バージョンで分けられている。

今日は女の子ワンコバージョンでした。

『そしてわたしの願いはひとつ
          「ずっとこの人と一緒にいられますように。」』

(;;)うっ・・・。

美も同じ願いでいてくれただろうか。
犬よりも、人間の方がそう思っていると思うんだよなあ。

そのあとの「のりこえるの歌」も、働く人たちの悲哀がひしひしと
伝わってきて、いい曲でした。

Eテレ、やるなあ。

夜23:55には「2355」という番組もやっているそうです。
ぜひ。

拍手[0回]

だって5%OFFだから

5%OFFの時に済ませたい買い物があり、市野イオンへ。

買い物を済ませ、帰る前に、昨日の犬を見に。

でも、店員さんに「また来た!」って思われるのも恥ずかしく、
遠巻きに姿を確認。

うん、元気そう。

まだ細いしっぽを必死に振っててちてち歩いてるその姿。

なんと愛らしいことか。

後ろ髪引かれつつ帰宅。

いい子だもの、早く売れて欲しいような、売れ残っていて欲しいような。

拍手[0回]

運命?

日曜日になるたびことさらしょぼくれている母と私を見かねて、
弟がペットショップに冷やかしに行こうという。

昼食後、気分転換に、市野イオンへ。



キャバリア、いた。

美と同じブレンハイム(柄の名前)。

しかも美と同じ女の子。

しかも・・・


美と誕生日が同じ!!!!!

2010年5月1日生まれ、って!!!

これには母も弟も、もちろん私もびっくり。

顔を見合わせながら、えええええ!!すごいねええ!!と(静かに)
言いながら食い入るように見ていると、店員さんが
「抱っこしてみますか~?」と、甘い誘惑。

ちょっと躊躇ったけど、お願いすることに。

つれてこられたキャバリアの子は1kgにも満たない、両手に乗るほど
小さな子。

でも、私の腕に来るなり、

『抱っこ♪』

と、私の顔を舐めようと必死に背伸び。

じっとこちらを見るその目。

ちょっと遠慮がちに私の顔や手を舐める仕草。
(これが数年後には遠慮なしになるんだよな・・・)

ほわほわの手触り。

初対面の人に、しっぽぷりぷり振りながら、おなかを見せてしまう
警戒心のなさ。

疲れると、私の腕にあごを預け、「もう寝るー」って、寝入ってしまう。


・・・・・そう。

悲しいかなこういう子なのよ。キャバリアって。

基本、誰でもいいのよ(笑)。



一瞬、「飼う?飼っちゃう?」って思ったけど、でも、まだ。

この子の一生に責任を持てるだけの自信が今はないの。

いい人が見つかるといいね。

袖触れ合うも多生の縁。
おねえやん、お前にいい人が見つかるよう、心から祈ってるからね。
もらった名刺、大事にするからね。

拍手[0回]

葬儀場でバーバーのアダージョがかかっていたことを思い出す。


名演を探してみた。

ペットロス克服のためには、大いに泣くことが有効とされるけど、
美の葬式の時は、全然涙が出なかった。

とりあえず喪主だったので、葬式&火葬を無事に終わらせないと、という
思いの方が強くて、泣いてる場合じゃなかったというのもあるけど。

今泣こうと思っても、全然涙出ない。

泣かないといけない時に涙を堪えないといけない場面が多すぎて、
涙出なくなったのかも。

私はくだらないことでよく泣くけど、本当に悲しいと涙が出ないのかも。とも。
・・・もとい。
くだらないことだけど、私にとっては本当に悲しいことだと思って泣くんだけど、
この程度は『本当に悲しい』に入らないのかもしれない。

というか、出来れば本当に悲しい気持ちにはなるべくなりたくない。

母が、
「私(母自身)が死ぬ時よりも(自分の子が死んだ)今のほうが辛いと思うよ」
と言っていたけど、そうかも知れない。
親に対しての思いと、子に対しての思いって、同じ家族であっても違うものね。

とりとめなし。

拍手[0回]

猫その後2

最近、日曜日になるたび、憂鬱。
いつもなら、散歩やシャンプーやお昼寝をしていたのに。
何もすることがない。(本当はいろいろあるけど)
やる気も全然起こらない。


実家で、猫がごろんと寝ている横で、私も寝転がりながら
バーチャル犬の世話でもするかー、と、Nintendogsを起動。

ゲームの中の犬がワンワン鳴いた、その声に猫が反応。
ものすごい速さで、タンスの上に飛び乗った。
(今までこんなところに乗ったのを見たことがない)

ごめん!と思って、Nintendogsはすぐにやめた。

猫が辺りを見回しながら「にゃーん」と数回鳴いた。
犬を探しているようだった。泣けた。

もう、ワンコいないんだよ。ごめんね。
にゃんこも、美のこと大好きだったんだね。ありがとう。

拍手[0回]

虹の橋

美がいなくなってもう2週間。まだ2週間。



「犬の十戒」と並ぶ超有名な詩。
この詩はずいぶん前から知ってました。
その時から思っていたことがあります。
こんなことになってしまって、私は心配になったことがありました。

以下、親子の会話。

拍手[0回]

・・・あの子が天国に行ってもお母さん(私)の心配は尽きません

思い出巡り

覚悟を決めて、実家へ。
めいたん、いないねぇ。

母が、美のいたペットショップに行きたいと言い出したので、
一緒に行く。
ここに来るのは何年ぶりだろう?

キャバリアの子はいなかったけど、美のいた場所、はっきり覚えてる。

ああ、ここにいた。

確かにいた。

ななめ座りして、小首をかしげて
『あたち、なんか、売れ残ってて、値下がっちゃってて、スミマセン』
って顔してた(笑)。

思い出すだけで笑えて来る。

情けない顔だったよなあ。ははは。

周りの子犬に比べたら幾分大きくなっていたと思うけど、
それでも十分子供に見えたっけ。

あの時、私と母にはあの子しか見えていなかった。

運命だったんだねえ。

逢えてよかった。

売れ残っていたのも何かの縁。残り物には福があったんだなあ。

その後、いつもお世話になっていたトリミングやさんへ。
美が亡くなってしまったことと、今までのトリミング記録(カルテ)を
もらえるようお願い。
つい1ヶ月前に来たばかりだったので、受付の子は「えっ・・・?!」
って言ったきり絶句していた。
うん。びっくりだよね。
私もびっくりしてるもの。
トリマーカード、もらうことが出来た。
美のいたことの記録。
もう来ることもないんだなあ。

スタンプカード、あと数個でお値引きだったのになぁ。

拍手[0回]

デコる

美の骨壷に洋服着せてみた。首輪もつけてみた。

かわいい。(親バカ)


↑このお洋服。

お散歩行く時間がすっぽり、何していいか分からない時間に。
とりあえずNintendogsのバーチャルめいを散歩させてみる。
暑くないし、日に焼けないし、楽だなー(笑)。

拍手[0回]

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新記事

プロフィール

HN:
くさかべ めい
性別:
女性

カウント

Copyright ©  -- ごきげんな日々。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]